【CTimeとは?】フリースタイルSNSアプリの使い方と新規参入者が増加する要因を考察

この記事は約10分で読めます。

開発・運営しているのは
株式会社WCOという日本の会社。

✓情報の発信や交流
✓人気の動画・画像ランキング

SNSならではの 多種多様なジャンルの コミュニティ交流が基盤となっています。

例えばブロガーの方が,検索流入アップを狙ったり,情報発信のツールとして利用するのも一手ですね。

詳しくは後述しますが,CTimeを介して 友人・知人・恋人と繋がる事は SNSならではの醍醐味と言えるでしょう。

様々な機能を通して楽しむことができる 非常に自由度が高いSNSアプリです。

当アプリも 近い将来,Twitterやインスタグラム・LINEなどと同様に ビッグアプリへと成長しているかもしれません。

それでは順を追って 見ていきましょう。

CTimeとTwitterを比較

恐らく現時点では Twitter流入が最も多いと感じましたので,下記にまとめました。

CTimeとTwitterの比較
CTime Twitter
投稿 500文字 ツイート 140文字
Like フォロー
Fans フォロワー
ポップ いいね
シェア リツイート
コメント リプ(リプライ)
チャット DM
CTimeのチャット機能に関しては,相互ライクの必要有り
(Twitterで言う所の DMでの相互フォロワー様との やり取りと同じ)

最初は特に 赤文字で記載した単語に戸惑うかと思いますが,慣れ親しむと 直ぐに理解できます。

CTimeは 斬新なSNSアプリ

まずは 私がCTimeを始めるキッカケとなったお話から。
日頃 利用している Twitter経由で知り得た情報でした。

遡ること8月中旬,Twitterのタイムラインに CTime関連のツイートが流れてきました。

ただ『CTime』といぅワードに反応した訳では無く,ツイートに こんな内容が記載されていたからです。

公式CTimer』とは,CTimeに貢献している人に贈られる称号。称号だけでなく,毎月 金券ゃお楽しみギフトが進呈されます。
参入者が少ない今,インフルエンサーになれる大チャンス♪

ギフトの進呈?! 且つインフルエンサーになれる可能性があるならば やってみたい!!と思ったのです。

好奇心旺盛な私は 早速インストールしましたよ。
コチラから どうぞ↓

CTime

CTime
開発元:WCO Inc.
無料
posted withアプリーチ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました